car-radio

鬼デスク上司と打ち解けた切っ掛け

私は車の免許を持っていないので、もっぱら誰かに乗せてもらってばかりです。今回は、独身時代に仕事で上司の車に乗せてもらった時のお話です。

当時の私は25才で、関西にある地方新聞社に勤めていました。ある日、当時の上司と町長とのインタビュー記事の同行取材をすることになり、奈良県の郡部の町に上司の車に同乗させてもらい出かけました。

実はその上司は私の苦手なタイプ。見た目も、角刈りの頭髪には剃り込みが入っていて恐持てなのですが、加えて原稿ひとつ出す時も「バカもん!  こんなんで書いたつもりか? すぐ書き直せ!」「書き直して、こんな程度か?」と、とても厳しく歴代の方々からも「鬼デスク」とのあだ名がついていたくらい。しかも目的地までは地道しかなく、奈良市内からでも片道40分はかかるところです。乗る前から、どうしようと困っていました。

しばらくは沈黙が続いたのですが、その上司が「ラジオでも付けようか?」と言われました。けれど助手席の私は緊張していて「あっ、はい…」と答えるので精いっぱい。その後も上司との会話はなく、たわいもないおしゃべりがダラダラ続いていく、大阪のAMラジオ番組の担当者のテンション高い音声だけが、車内をむなしく満たしていきました。

それから、どれだけの時間が経ったのでしょうか。ラジオから「それではリクエストにお応えして、広瀬香美さんの曲をお送りしましょう。『ロマンスの神様』です!」の声に耳が止まりました。当時はミリオンセラーを記録するほどの大ヒット曲。もちろんこの曲も、スキー店のCMソングでした。

曲が流れている間も、終始沈黙。私は歌いたい気持ちをぐっと堪えて、固まった状態でようやく聞き終わりました。そして、しばらく間があって上司がひとこと口にされました。「…なかなか、よく出来ている歌だな」と。ちなみに普段は演歌しか聞かれないので、初めて聞かれたそうです。

そこからは、上司が溜めていたものを吐き出すような勢いで、歌詞の分析と解説を始められたのです。「週休2日  しかもフレックス」には「若いのに、世相を巧みに盛り込んでいる」とか「幸せになれるものならば  友情より愛情」には「ははは…。女は恐いな~」とか。ここで一気に場が和み、会話が弾んだことはもちろんですが、恐持てだけではない上司の一面を知ることができました。私からも「ロマンスの神様、どうもありがとう」です。