sleep-car

最大の御法度

初めてドライブらしいドライブをしたのは18歳の頃でした。
免許を取得してからまだ半年しか経っていない彼の隣に座り、
ただ窓の外を眺めるだけのもの。
それでも付き合いたての私達にとって、
かけがえのない思い出の1ページです。

当時、大学受験に失敗した私は
ひどく落ち込んでいました。
気を抜くとすぐ涙をぼろぼろと流していたので
周りの人はすごく対応に困ったと思います。

そんな折、彼が「ドライブに行こう」
と誘ってくれたのでした。
車を運転するのは大人だけだと思っていたので、
彼氏とはいえ同い年の人の車に乗るのはとても不安でした。

もしも事故が起きてしまったら…
そんな事ばかり考えてしまい、
なかなか返事が出来ません。
それでも、彼なりに私を励ましてくれようとしているのだからと、
意を決してOKを出しました。

そしていよいよドライブの日。
慣れないシートの香りや助手席の景色にそわそわしっぱなしで、
そんな私を見て彼は可笑しそうに笑っていました。

なんだか気恥ずかしくなって、
そこからはあまり覚えてません。
彼が懸命に建物や町並みを
説明をしてくれてたような気がしますが、
申し訳ないことに右から左へと流れていってしまいます。

最後に夜景を見せてくれましたが、
時間が時間なだけあって、
ついに私は眠りの世界へと誘われました。
「家まで送るから寝てていいよ」
という言葉を素直に受け取ってしまったのです。

後に「彼が運転している横で眠る」というのは、
最大の御法度だということを知る事になる訳ですが…。