今度は私がドライブして彼氏を助手席に

今度は私がドライブして彼氏を助手席に

前付き合っていた彼は車が大好きでよくドライブに連れて行ってもらっていました。ドライブに行くときは休日のデートや私が泣き出して悲しいときです。

いつも首都高だったり大きな橋の上だったり夜景が綺麗なところにはよく連れて行ってくれていました。車に乗っているときはケンカもしないし楽しい話ばかり。

横浜の赤レンガやパーキングエリアを回るのもとても楽しかったです。必ずカメラを持って行って車と一緒に夜景を撮ったりもしました。とても幸せだったと思います。

別れた今はもう助手席にも乗れないし自分はペーパードライバーなので車に乗ることもないのでたまにはドライブに行きたいなと思い出します。

とくにパーキングエリアを回るのは楽しかったです。少し遠いところまで走ってもらって美味しいものを食べに行きました。信玄餅を買いに行くだけために高速を走ったりもしていました。

高速道路を走っているときは車の揺れが気持ちよくて助手席に乗っているとウトウトしました。
「助手席が寝ると一緒に眠たくなってしまうから頑張って起きてて」
と良く言われたものです。

泣き出して悲しいとき助手席でウトウトするまで彼は付き合ってくれました。もし今、ケンカしていたり倦怠期のカップルはドライブに行って仲直りしたり楽しい日々を過ごしてほしいなと思います。

こうして思い出して書いてると車に乗りたい欲が沸々と沸いてきます。これからは自分で自分の車に乗りたいな。ペーパードライバー講習を受けて頑張って働いて車を買ってヴェルファイアかな。今度は新しい彼を助手席に乗せて私がドライブに連れて行ってあげたいな。

どんな車に乗ってどんなところに行くか考えてるだけでも楽しいです。地図を見たり音楽を聞いたりドライブ中の車内の空間も好きだな。よーし!明日からも仕事頑張ろう。