car-radio

鬼デスク上司と打ち解けた切っ掛け

私は車の免許を持っていないので、もっぱら誰かに乗せてもらってばかりです。今回は、独身時代に仕事で上司の車に乗せてもらった時のお話です。

当時の私は25才で、関西にある地方新聞社に勤めていました。ある日、当時の上司と町長とのインタビュー記事の同行取材をすることになり、奈良県の郡部の町に上司の車に同乗させてもらい出かけました。

実はその上司は私の苦手なタイプ。見た目も、角刈りの頭髪には剃り込みが入っていて恐持てなのですが、加えて原稿ひとつ出す時も「バカもん!  こんなんで書いたつもりか? すぐ書き直せ!」「書き直して、こんな程度か?」と、とても厳しく歴代の方々からも「鬼デスク」とのあだ名がついていたくらい。しかも目的地までは地道しかなく、奈良市内からでも片道40分はかかるところです。乗る前から、どうしようと困っていました。

しばらくは沈黙が続いたのですが、その上司が「ラジオでも付けようか?」と言われました。けれど助手席の私は緊張していて「あっ、はい…」と答えるので精いっぱい。その後も上司との会話はなく、たわいもないおしゃべりがダラダラ続いていく、大阪のAMラジオ番組の担当者のテンション高い音声だけが、車内をむなしく満たしていきました。

それから、どれだけの時間が経ったのでしょうか。ラジオから「それではリクエストにお応えして、広瀬香美さんの曲をお送りしましょう。『ロマンスの神様』です!」の声に耳が止まりました。当時はミリオンセラーを記録するほどの大ヒット曲。もちろんこの曲も、スキー店のCMソングでした。

曲が流れている間も、終始沈黙。私は歌いたい気持ちをぐっと堪えて、固まった状態でようやく聞き終わりました。そして、しばらく間があって上司がひとこと口にされました。「…なかなか、よく出来ている歌だな」と。ちなみに普段は演歌しか聞かれないので、初めて聞かれたそうです。

そこからは、上司が溜めていたものを吐き出すような勢いで、歌詞の分析と解説を始められたのです。「週休2日  しかもフレックス」には「若いのに、世相を巧みに盛り込んでいる」とか「幸せになれるものならば  友情より愛情」には「ははは…。女は恐いな~」とか。ここで一気に場が和み、会話が弾んだことはもちろんですが、恐持てだけではない上司の一面を知ることができました。私からも「ロマンスの神様、どうもありがとう」です。

michinoeki

世の中は狭いようで広い

もともと花を観に行ったり写真を撮ったりというのがとても好きな夫婦なので、レクサスを手に入れたとたんにぐんとその行動範囲は広がりました。

世の中は狭いようで広いというのが、そうして車で動き回るようになっての実感です。車でないとこんなところ来れない、という場所の何て多いことか。本当に何度もそう思わされました。

日本の山は深いし遠い…。まあ、それだけマイナーな観光地に行っているだけでは、という可能性はとりあえずおいておいて、車さえ走らせればまだまだ「こんなところがあったんだ!」と驚くような場所がありそうで、それを体験できるのが、とても楽しみでもあります。

そんなふうにドライブを楽しんでいるのですが、車で動くようになってもうひとつ増えた楽しみが、道の駅めぐりです。最近では道の駅そのものが観光スポット化して、場所によってはかなり大規模な複合施設のようになっているところもあって、そういうところではもう車が停められないほどの混雑になっていたりしてますね。

そういうところももちろん、ちょっとひなびた感じの道の駅でも、目当てはもちろん地元ならではの名産物。野菜だったりお菓子だったり、地場ものが安く手に入る、という楽しみは宝探しのようでワクワクもします。

こんなところそうそう来ることはないから、せっかくだから道の駅によっていこうよ!とばかりにナビで最寄りの道の駅を検索してみたら、数十キロ先だったり…それでも、そこへ寄っていくことにしたり。どっちが本来の目的!?と思ったりもしますが、車ならではの自由さで、時間と体力の許す限りは気ままにドライブをしている、今日この頃だったりします。…まあ、ガソリン代はかなーり食ってしまいますけれど、それはそれ、ですね。

onsen

懐かしのドライブ同好会

毎日時間とお金を持て余していた大学生時代、私はアルバイトの仲間8人(男4人、女4人)とドライブ同好会なるものを結成し、度々ドライブに出かけました。

地元が神戸近郊の私たちが良くドライブに行った先は、淡路島1周、丹後半島の海岸沿い、紀伊半島の海岸沿いなどです。

とにかくいつも無計画なドライブでしたので、道中は適当、おもしろそうなスポットがあれば立ち寄り、日帰りが困難になった場合は行き当たりばったりで宿を探したりしました。

ドライブにはいつも車2台で出かけました。携帯電話など普及していない時代でしたが、できるだけ2台で連なって走り、お互いの車内での会話が聞こえるようにラジオの周波数を合わせてみんなで会話を楽しんだりしました。

淡路島のドライブで楽しかったことは、良さそうは海岸や岩場を見つけると、魚釣りをし、釣れた魚を火であぶって食べたりしたことです。また島へ渡るフェリーでは、当時付き合っていた女の子とグループを離れ甲板に上がり、二人で景色を眺めている所を見つかり冷やかされたりしました。

丹後半島へ向かう時には、出石そばの店に立ち寄り食べた皿の数を競ったり、城崎温泉街でお土産を買ったりしました。半島内では、「伊根の舟屋」などの素晴らしい文化や歴史にも触れることができました。宮津方面では当然、定番の天橋立の股のぞきも体験しました。

紀伊半島のドライブでは、日帰りは難しくいつも一泊していました。右回りで行ったときは三重県の勝浦で、左回りの時は和歌山県の白浜周辺で宿を探し宿泊しました。この方面では、名勝を巡ったり、いろんな温泉に浸かったりしました。

若かった私たち男連中は、温泉では必死でのぞき穴を探しました。不思議なことに和歌山方面の温泉は、そのあたりの対策はしっかりしていてガードが堅かったのですが、三重県の方ではあまりその対策がとられておらず、かなりの確率で女風呂を覗くことに成功しました。私は、彼女だけにはあらかじめ気を付けるように言っていました。

本当に楽しいドライブの思い出ばかりの学生時代でした。しかしそのころの先輩や友人、彼女とは、阪神淡路大震災でみんなちりじりになってしまいました。今は誰一人連絡先もわかりません。

しかし、あれから20年、そんな無計画なドライブが好きな私は、今は大事な家族を連れてドライブに出かけます。

行き先は、もちろん学生時代に回ったコースがほとんどです。家族は初めての景色を楽しんでくれていますが、私ひとり懐かしさに浸っています。

そして妻と二人の子供は、私が道やおもしろいスポットにとても詳しいことを不思議がっています。あのころの仲間も、お父さんやお母さんになって、同じように愛する家族とドライブに出かけていたらいいな、と心から思います。そして、偶然どこかで彼らに会えることをほんの少しだけ楽しみにしています。

ただ私も40を過ぎましたので、今は温泉に入っても、もうのぞき穴を探すことはありません。

highway1

運転に向いていないのかな

私が今でも印象に残っているドライブについて書きたいと思います。

私が自動車の運転免許をとったのは、かなり前のことですが、とってすぐに、友人2人とドライブに行きました。

はっきり言って、私が運転免許をとったのは、地方の合宿所でしたので、自分が住んでいた都市部で車を走らせるのは、とても不安がありました。

しかし、友人とのドライブは楽しそうだし、とにかく友人がとても行きたがっていたので、私が運転手となって行きました。

まず行った先は、カラオケです。無事に普通に到着できたのでほっとしました。私は、運転しながらも結構ぼーっとする癖が出てしまって、後ろの車に煽られているのにも気が付かない方なので、無事に到着できただけでも満足でした。

問題はその後でした。私は、信号をきちんと見ているつもりが見ていないことが多くて、一番驚いたのは、前の信号が赤で、横の信号が青だった時に、横の信号を見ていて渡ってしまったことでした。

その時、私は結構運転に問題があるなと思っていました。それに、地図を見ていても、道路を走っているうちに、自分が思い描いていた方とは違う方に進んでいることが多いのです。気付くと全く違う所にいたり、ということも多かったです。

それが、その友人とのドライブの時にも、出てしまいました。私が高速道路を走ったことがあるのは、その合宿所での練習の一度きりです。ドライブの帰り道に、なぜか私は、気が付くと高速道路に乗ろうとしていたのです。

オロオロする私、助手席にいる友人に助けを求めようと隣を見ると、友人はとても楽しそうに喜んでいました。「もう、ダメだ..」免許を取りたての友人が高速道路で事故を起こしたことがフラッシュバックしました。

しかし、結局Uターンできて事なきを得ました。本当にドキドキするドライブでした。友人を乗せてのドライブはもっとさんざん自分で練習してからだな、とその時痛感しました。

sleep-car

最大の御法度

初めてドライブらしいドライブをしたのは18歳の頃でした。
免許を取得してからまだ半年しか経っていない彼の隣に座り、
ただ窓の外を眺めるだけのもの。
それでも付き合いたての私達にとって、
かけがえのない思い出の1ページです。

当時、大学受験に失敗した私は
ひどく落ち込んでいました。
気を抜くとすぐ涙をぼろぼろと流していたので
周りの人はすごく対応に困ったと思います。

そんな折、彼が「ドライブに行こう」
と誘ってくれたのでした。
車を運転するのは大人だけだと思っていたので、
彼氏とはいえ同い年の人の車に乗るのはとても不安でした。

もしも事故が起きてしまったら…
そんな事ばかり考えてしまい、
なかなか返事が出来ません。
それでも、彼なりに私を励ましてくれようとしているのだからと、
意を決してOKを出しました。

そしていよいよドライブの日。
慣れないシートの香りや助手席の景色にそわそわしっぱなしで、
そんな私を見て彼は可笑しそうに笑っていました。

なんだか気恥ずかしくなって、
そこからはあまり覚えてません。
彼が懸命に建物や町並みを
説明をしてくれてたような気がしますが、
申し訳ないことに右から左へと流れていってしまいます。

最後に夜景を見せてくれましたが、
時間が時間なだけあって、
ついに私は眠りの世界へと誘われました。
「家まで送るから寝てていいよ」
という言葉を素直に受け取ってしまったのです。

後に「彼が運転している横で眠る」というのは、
最大の御法度だということを知る事になる訳ですが…。

高めの金額になる

出張買取のケースでは、空き時間に自宅や会社等ですっきりするまで直接店の人と折衝できます。業者にもよりますが、あなたが望む買取金額を迎え入れてくれるところもきっとあると思います。
人気のある車種の場合は一年を通じて買いたい人がいるので相場金額が著しく変わるものではありませんが、大部分の車は季節により買取相場の価格がかなり変わるものなのです。
車買取の一括査定サイトを使用したければ競合入札を選択しないとメリットがあまりありません。大手の中古車買取ショップがせめぎ合って査定の価格を送ってくる、競合入札のところが最良ではないでしょうか。
車検の切れた古い車、事故車扱いの車や改造車等、通常の車買取店で査定の値段が買取してもらえなかった場合でも、すぐには諦めないで事故車用の査定サイトや、廃車を扱う買取業者の見積もりサイトをぜひ利用してみましょう。
次に乗る車を購入する業者に、不要になった車を下取りにして貰えば、名義変更とかの厄介な事務手続きも必要ないし、安定して車の買い替えが実現します。
新車販売ショップにおいても、どこも決算時期ということで3月期の販売には躍起となるので、休日ともなれば車が欲しいお客様で大混雑です。一括査定を行う業者もこの時期はにわかに慌ただしくなります。
2、3の店舗の自宅まで来てもらっての出張買取を揃い踏みしてやってもらう事も可能です。余計な時間もとられず、担当者同士で商談してくれるので金額の駆け引きをする手間もいらなくなるし、もっとも高い金額で買取してもらうことも有望です。
いわゆる中古車買取相場表が表現しているのは、通常の全国平均の値段ですから、その場で車の査定を行えば買取相場よりも低目の金額になることもありますが高めの金額になることもあるものです。
最初に手を上げた車買取ショップに固めてしまわずに、複数以上の会社に査定を申し込んでみましょう。買取業者同士で競り合って、中古車の下取り額を加算していってくれると思います。
ふつう、車買取とはその業者毎に苦手とする分野もあるので、綿密に比較していかなければ、損が出る見込みだって出てしまいます。是が非でも2つ以上の業者で検討するようにしましょう。
海外輸入車などをできるだけ高い値段で売りたい場合、多くのインターネットの一括査定サイトと輸入車の買取専門業者の査定サイトを二つともに使用しながら、最も高い金額の査定を付けてくれる店を探し当てることが肝心な点なのです。
全体的に、中古車の下取りや買取価値というものは、時間とともに数万程度下がってしまうとよく聞きます。閃いたら即売する、という事が最も高額になる頃合いだとアドバイスします。

一種のストレス解消法

ドライブというと、友人と一緒に、恋人と一緒に、あるいは、家族と一緒にといったシチュエーションが考えられますが、自分一人でドライブへ出かけるのもときには悪くありません。

誰かと一緒に、ドライブへ行くとなると大体において、目的地や時間、予算など決めなければならないことがとても多いはずです。また、それについて話し合っているうちになかなか決まらず、それがストレスになってしまうなんてことも。

一人でドライブへ行く場合は、そんなこと一切考えないで良いのです。どこへ向かうかを決めずにとりあえず、クルマを走らせるのも良いでしょう。好きな音楽を流しても、誰かに、「この曲あんまり好きじゃないんだよね」なんて言われることもないのです。ときには、大声を出して好きな曲を歌うのも良いでしょう。目的に縛られることがないので、いわば一種のストレス解消法として捉えても良いかもしれません。

このように、目的に縛られない時間を作れることがひとつのメリットですが、知らない土地で知らない誰かとの会話を楽しみに出かけてみても良いでしょう。食事に立ち寄ったお店の人との会話程度でも、新しい発見があるものです。やはり、その土地に住んでいる人の方が、地域のイベントや、オススメのスポットを良く知っているものだと思います。今まで、興味が
沸かなかったものでも、新鮮な場所にいることで興味が湧いてきて、話に出てきた場所に行ってみたいと思うようになるかもしれません。

今まで知らなかった場所が、知っている場所になったとき、今度は誰かをぜひ誘ってドライブへ出かけてみて下さい。自分がその土地のことを知っている分、誘った人をエスコートしやすくなるでしょう。

長野県にある「佐久平ハイウェイオアシスパラダ」がいい

高速道路に乗ってドライブする時に、休憩するために寄るサービスエリア(SA)や、パーキングエリア(PA)。ただ休憩するだけなんて、もったいないと思いませんか?

サービスエリアやパーキングエリアを目的地にしてドライブをするという休日も、最近のSAやPAの充実ぶりから言えば、とても魅力的なプランです。

長野県にある「佐久平ハイウェイオアシスパラダ」は、上信越自動車道の佐久平PAから直結している第2PA(=ハイウェイオアシス)から、高速道路を下りる事なくアクセスが可能です。

第2PAに車を停車させ、目の前のジャンボエスカレーターにのると、そのままパラダに入園可能です。帰宅時も、ETC装着車ならば佐久平スマートインターチェンジ(IC)を使ってUターンすることができます。

スマートICとは高速道路にすでにあるPAやSAに、ETC専用レーンを設置することにより、一般道への出入りができるようにした無人ICのことです。佐久平PA(佐久平ハイウェイオアシス)では、2007年4月1日よりスマートICの24時間本格運用を開始しました。

佐久平ハイウェイオアシスパラダは、子供連れには年間を通して楽しめる施設がとても充実しています。春から秋にかけてのグリーンシーズン、遊べる施設が集まった「アトラクションフィールド」には小さいお子様でも安心して遊べる「キッズランド」や高低差を活かした「サマーリフト」や「スーパースライダー」など、広大な山々に囲まれた佐久平の景色を楽しみながら遊べる施設があります。

学べる施設が集まった「自然体験フィールド」には、子供たちが大好きな昆虫の生態を学べる「昆虫体験学習館」、実際に昆虫採集が楽しめる「カブトムシの森」など、豊かな自然を活かした施設があります。

冬のスキーシーズンでは、ソリ専用ゲレンデや遊具広場など、キッズエリアが充実したゲレンデで、子供連れにはとてもよいスキー場になっています。

もうすぐ息子と主人と夜のドライブ出来るかな

ここ数年は、殆ど夜のドライブに出掛けて居ませんが、以前、妹と甥っ子・姪っ子を家まで送った際に見かけた夜景がとても綺麗で、今でも忘れません。

その日は、私の住む地域で少し大きめなお祭りが有りました。妹は、結婚後、他の地域に引っ越しましたが、このお祭りが大好きで、日程さえ合えば、子供2人を連れてお祭りにやってきます。

例年なら、お祭りが終わった後に、我が家に泊まっていくのですが、翌日に子供の保育園での行事が有った為、今回は泊まる事が出来ず、遅くなっても帰宅する必要が有ったのです。

お祭りの最後まで居ると、帰宅時間が深夜になってしまう為、20時過ぎくらいに、お祭りを後にして、主人の車に乗り込みました。

一般道を走行中も、車内では子供たちが大好DVDが流れて居ますが、我が家の車は、古い中古車なので、運転席近くについているカーナビの画面でのみ、アニメを見られるので、2列目以降に乗る、甥っ子と姪っ子は少し不便そうでしたが、お祭りではしゃぎ過ぎて途中で眠ってしまいました。

子供たちが眠ってから、私が大好きで良く聞いて居る歌手のアルバムを流しなら、車内カラオケ大会の開始です。主人が真剣に運転してくれている傍らで、私と妹は、マイクの代わりにペットボトルと手に持って、歌いました。

既に、一般道から高速道路を走行していましたが、外にはとても綺麗な夜景が見えて「あー結婚前は、こんな風に主人とよく、夜のドライブ行ってたな~。」と昔の事を思い出しました。

息子が幼稚園に行っている時間の日中に、主人と買い物がてら、ドライブをする時は、時たまありますがやはり夜のドライブは昼間と一味違って、いいですね。もう少し息子が大きくなったら、夜景の綺麗なスポットへ、家族3人で夜のドライブに出掛ける事が、細やかな夢ですが、あと数年したら、すぐに実現出来そうです。

久しぶりに家族でドライブに

私は大学時代は運転免許を持っていませんでした。大学を卒業するまでにバイトでお金を貯めて、卒業間際に運転免許を取得しました。

大学時代に運転できなかった反動か、免許を取ってから3年ほどは、とにかく毎週ドライブに出かけました。行先はあまり重要ではなく、ただ運転できることが嬉しかったのです。

友達と思いつきで県外まで走ったこともありました。片道3時間、4時間の距離は疲れも感じませんでした。

一番多かったのは、「おいしいご飯を食べに行こう」と思い立ち、多少遠くてもその県の名産品や有名なお店に食べに行くことでした。好きな音楽を聴きながら、友達や彼氏と楽しくドライブするのが何よりも楽しかったです。

免許を取得したばかりの頃は自分の車を持っておらず、(免許取得代に貯金をすべて使ってしまったため)父の車を借りていました。父の車は古いセダンだったので少し運転しにくかったことと、カーナビがついていないので毎回道に迷ってしまうことが難点でした。

私はとにかく方向音痴で、一人で運転しているとたいてい道に迷いました。ちょっと知らない土地に入ってしまうと、もう抜け出せなくなってしまいました。家に帰るのに何時間もかかってしまうこともありました。

そのため、初めて自分の車を購入するときはまっさきにナビを購入しました。ナビに「自宅に戻る」というボタンがあったので、どこに行っても自宅に帰ることができました。また首都高などの複雑な道も案内してもらえる安心感から、自分の行先の選択肢が広がりました。

自分の車を持ってからは、都心などにもドライブへ出掛けました。お台場や横浜などへも行ったのもよい思い出です。

免許を取得して10年以上経過し、最近はドライブをしなくなってしまいました。若い時は時間もお金も余裕があったのでできていたのかもしれません。

もう少ししたら紅葉もきれいになるので、久しぶりに家族でドライブにでも出かけたいなと思います。